キャットタワーにはどんな種類があるか

猫を飼っている人には、完全室内飼いがすすめられています。ずっと家の中にいる猫のために、キャットタワーを購入する人がいます。キャットタワーは、猫の運動不足やストレスの解消、爪とぎとして使うこともできますし、高いところへ登りたい猫の習性を満足させることもできます。きちんとストレスの解消ができるなら、いたずら行為の防止にもなり、猫にとっても飼い主にとっても快適に過ごすことが可能になります。ただし、猫グッズの中ではかなり大型なので、購入について慎重になってもしかたありません。実際に猫が使うかどうかも心配ですし、自宅へ置けるものなのかどうかも知っておく必要があります。いくつかの種類や素材がありますので、あらかじめ調べてから購入することをお勧めします。

よく販売されているキャットタワーの種類とは

大抵のタワーは、ポールとステップの組み合わせからなっています。ポールは1本から3本くらいで、ある程度の高さごとに猫が休めるステップが設けられています。多頭飼いをしている場合はポールの本数がありステップも多い、横に広いタイプの方がよいでしょう。高さの種類は、天井まである突っ張りタイプと、100センチから170センチくらいの据え置きタイプがあります。突っ張りタイプは天井に固定できるので、猫が高いところまで登ることができます。また、縦型なので省スペースなのも特徴です。据え置きタイプは組み立ててそのまま置くことができ、移動ができるので、掃除や部屋の模様替えも簡単にできる利点があります。安定感のあるどっしりとしたものから、コンパクトなスリムな形をしているものもあり、部屋によって選ぶことができます。

使っている素材にも違いがあります

キャットタワーに使っているポールの素材は、猫の爪が引っかかりやすいものが使われています。これは、猫がタワーに登りやすくするためと、爪とぎをしやすくするためです。よく使われているのは、麻縄です。これは、ポールに天然の麻でできた縄をしっかり巻き付けたもので、猫の爪とぎとしても大活躍しますが、独特のにおいが気になる、麻縄がほどけてくると見栄えが悪くなる、繊維のごみが出るなどの声もあります。ポールの素材として他に使われているのは布です。しっかりとした凹凸のある布や、絨毯地のような布をポールに巻き付けたもので、麻縄素材が苦手な人はこちらのほうが良いでしょう。高さにしても、素材にしても、まず買っている猫の習性を知ってから選ぶことが大切です。高いところが好きなのか、爪とぎをしっかりさせたいのかなど、普段の猫の活動パターンによって購入するタイプを考えるようにして下さい。

うちの子のペット情報を登録するとおすすめの商品やサイズを教えてくれる便利な機能付き ※大型商品送料、クール便対象商品はキャンペーン対象外となります。 "定期便をご利用いただくと、いつでもポイント6倍、2500円(税込)で送料無料になり大変お得です。 お電話でのお問合せは、平日9時~19時・日曜祝日9時~17時で受付いたしております。 メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 可愛いキャットタワーを猫ちゃんへ